居心地の良いオフィスは社員のやる気につながる


居心地のいい職場は、そこで働く人達にいい影響を与えます。
狭い部屋に長時間いなければならなかったり、殺風景で味気ない部屋で作業をしなければならないと思うと、出勤すること自体苦痛になります。

最近日本は働く人を考慮せず結果ばかりを重視してきたため、様々な問題が出てきています。労働環境の悪さから大量に従業員がやめていったり、働くことが苦痛で病気になってしまったり、それらは企業側が働く人へ配慮しなかったことから起きた問題です。

毎日一生懸命に働くのは労働者の義務ですが、働きやすい職場を作りモチベーションを上げるように心がけるのは企業の義務です。

オフィスデザインもその心がけの一つと言えます。
居心地がいいと感じられる内装デザイン、ストレスなく効率よく仕事に集中できる机などのレイアウト、そういった細やかな気配りが従業員のやる気に繋がるのです。

例えば壁の色一つとっても、病院のような殺風景な色ではなく、人の心を落ち着かせる木目調に変えるだけで、ずいぶんオフィス内の雰囲気は変わります。

This entry was posted in オフィスデザインの効果. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found