オフィスデザイン改善で社員の効率アップ


オフィスデザインは見た目だけの効果だけとは限りません。
レイアウトを工夫することによって社員の作業効率を高めることもできます。

最も効果を発揮するのが社員同士で共有する機器の配置です。
例えば、コピー機の場所を少し変えるだけでも社員の作業効率は大きく変化します。誰もが使いやすい場所に置くことも重要ですが、それぞれの事務機器を使用頻度が高い人の近くに配置することも高い効果を得られます。

コピー機の例えで言えば、全員が使いやすい場所に置くことも効果的ですが、それよりもコピー機を良く使う事務員の近くに寄せておいた方がさらに高い効果を生むでしょう。

オフィスデザインというと見た目のリフレッシュばかりに気が向きがちですが、実際は作業効率を高めるレイアウトにも大きな影響を及ぼします。

オフィスデザインを検討しているなら作業効率がどのように変化するのかという点にも注目して、いくつかの候補の中から選ぶようにしましょう。

This entry was posted in オフィスデザインの効果. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found